コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士松薩摩掾(2代) ふじまつ さつまのじょう

1件 の用語解説(富士松薩摩掾(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富士松薩摩掾(2代) ふじまつ-さつまのじょう

1862-1939 明治-昭和時代前期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
文久2年5月22日生まれ。新内節。5代富士松加賀太夫に入門。加賀千代,魯遊(ろゆう)などをへて,大正12年江戸派富士松をおこし松老と改名したが,のちふたたび魯遊を名のり,昭和5年2代薩摩掾を襲名。なお2代,3代とも初代とは血縁,芸系ともに無関係。昭和14年10月25日死去。78歳。江戸出身。本名は小林かつ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富士松薩摩掾(2代)の関連キーワード恐怖映画日活(株)サイゴン条約黒住教緑簾石角閃岩相DA40電気事業有馬新七ウィリス宇津木六之丞

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone