コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士見〈村〉 ふじみ〈むら〉

1件 の用語解説(富士見〈村〉の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕富士見〈村〉(ふじみ〈むら〉)


群馬県中部、赤城(あかぎ)山山頂を含む南西斜面に存在した村。勢多(せた)郡。
赤城山山頂の大沼(おの)、小沼(この)、覚満淵(かくまんぶち)などで知られる行楽地。2009年(平成21)5月、合併のため廃止。これにより勢多郡消滅。⇒前橋市

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone