富山(読み)とみさん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富山(千葉県、山)
とみさん

千葉県南部、房総(ぼうそう)丘陵にある南房総市の山。標高349メートルで、北の金比羅(こんぴら)峰と南の観音峰に分かれている。曲亭馬琴(きょくていばきん)の『南総里見八犬伝(なんそうさとみはっけんでん)』の舞台であり、峰の谷間に伏姫(ふせひめ)のこもったという洞窟(どうくつ)や犬塚などがある。西麓(せいろく)にはシイ、カシ、ツバキなどの常緑広葉樹やスギの森林が続き、ハイキングコースになっている。頂上からの東京湾、三浦半島の眺望もよく、県立富山自然公園に指定されている。[山村順次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富山の関連情報