富山深海長谷(読み)とやましんかいちょうこく

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕富山深海長谷(とやましんかいちょうこく)


富山湾湾奥から富山舟状(しゅうじょう)海盆・富山深海扇状地を経て日本海盆に達する海底峡谷。長さ約500km。富山湾の湾口部は水深800~1000mで、佐渡(さどが)島西方では水深は2000mを超す。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android