コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富山清琴(初代) とみやま せいきん

1件 の用語解説(富山清琴(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富山清琴(初代) とみやま-せいきん

1913-2008 昭和-平成時代の地歌・箏曲(そうきょく)家。
大正2年10月5日生まれ。4歳で富永敬琴に師事,昭和元年富山清琴を名のる。師の没後上京し富崎春昇に入門,春昇の伝承する地歌,箏曲をすべて習得し,昭和23年に独立(生田流家元)。作曲にもすぐれた。44年人間国宝,63年芸術院会員,平成5年文化功労者。12年清琴の名を長男にゆずり,清翁を名のった。平成20年9月3日死去。94歳。大阪出身。本名は八田清治。作品に「防人の賦」「三絃即興曲」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富山清琴(初代)の関連キーワード採石業登録記念物女性労働服部紗弥立花麗美加瀬澤拓未井手上梓漁業金融高等教育ゴム工業

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone