コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富山清琴(初代) とみやま せいきん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富山清琴(初代) とみやま-せいきん

1913-2008 昭和-平成時代の地歌・箏曲(そうきょく)家。
大正2年10月5日生まれ。4歳で富永敬琴に師事,昭和元年富山清琴を名のる。師の没後上京し富崎春昇に入門,春昇の伝承する地歌,箏曲をすべて習得し,昭和23年に独立(生田流家元)。作曲にもすぐれた。44年人間国宝,63年芸術院会員,平成5年文化功労者。12年清琴の名を長男にゆずり,清翁を名のった。平成20年9月3日死去。94歳。大阪出身。本名は八田清治。作品に「防人の賦」「三絃即興曲」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

富山清琴(初代)の関連キーワード牧野省三日本電信電話(株)採石業登録記念物アレクサンドル オベチキンパヴェル ダツックグーグル雇用三星グループ白川方明

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android