コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富山清琴(2代) とみやま せいきん

1件 の用語解説(富山清琴(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富山清琴(2代) とみやま-せいきん

1950- 昭和後期-平成時代の地歌・箏曲(そうきょく)家。
昭和25年6月11日生まれ。父の初代富山清琴にまなぶ。昭和31年「つとめ」「朝顔」で初舞台。平成12年2代富山清琴を襲名。海外での演奏もおおく,邦楽の普及,発展につくす。16年富筋の地歌・箏曲の伝承の業績およびエジンバラ国際フェスティバルにおける「勤行寺」「残月」の演奏で芸術院賞。21年人間国宝。東京出身。東京芸大卒。本名は八田清隆。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富山清琴(2代)の関連キーワード冤罪現代資本主義中南米映画人口爆発日野TH10型トラックATG国勢調査社史新日本文学女性団体

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone