コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富山県射水市 いみず〈し〉

1件 の用語解説(富山県射水市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕射水〈市〉(いみず〈し〉)


富山県北西部、庄川下流の射水(いみず)平野にある市。
富山湾に面する。2005年(平成17)11月、新湊市と、射水郡の小杉町、大門町、下村、大島町が合併・改称して成立。この合併により、射水郡は消滅した。伏木(ふしき)富山港の一角を占め、特定重要港湾の富山新港を有する。下村地区は平安時代末期から京都上賀茂(かみがも)・下鴨(しもがも)両神社の荘園で、加茂(かも)神社には稚児舞(ちごまい)(国の重要無形民俗文化財)や流鏑馬(やぶさめ)(やんさま)などの神事が残る。市の中心となる新湊地区は江戸時代には北前船(きたまえぶね)が寄港する港町として発展。小杉・下(しも)・大門地区はいずれも江戸時代には北陸街道の宿場町として栄えた。中南部の丘陵地には1960年代以降大規模住宅団地が造成され宅地化が進んだ。大門地区では伝統産業の瓦(かわら)製造が盛ん。農業では稲作が盛んで、コシヒカリを産し、丘陵部ではナシなどの果樹栽培が行われる。富山新港周辺などにアルミニウム精錬・鉄鋼・木材などの工場や火力発電所が進出し、新湊漁港は沿岸・近海漁業の基地で水産加工業が盛ん。大門地区ではマスの養殖が行なわれる。工業ではほかに紡績・金属・電機・食品・化学などの工場がある。富山県立大学、富山福祉短期大学がある。小杉丸山遺跡・串田新(くしだしん)遺跡はいずれも国の史跡に指定。県民公園太閤山(たいこうやま)ランド海王丸パークがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富山県射水市の関連情報