富山県小矢部市(読み)おやべ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕小矢部〈市〉(おやべ〈し〉)


富山県西部の市。
小矢部川中流域を占める。倶利伽羅(くりから)峠を控えた北陸街道の宿場町、小矢部川の河港から発展。繊維・電機・自動車部品・機械などの工業が盛ん。市の学校や公民館などの公共施設は国内外の有名な洋風建築物をモデルとして建てられており、メルヘン建築物として観光スポットにもなっている。宮島峡がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富山県小矢部市の関連情報