富山県小矢部市(読み)おやべ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕小矢部〈市〉(おやべ〈し〉)


富山県西部の市。
小矢部川中流域を占める。倶利伽羅(くりから)峠を控えた北陸街道の宿場町、小矢部川の河港から発展。繊維・電機・自動車部品・機械などの工業が盛ん。市の学校や公民館などの公共施設は国内外の有名な洋風建築物をモデルとして建てられており、メルヘン建築物として観光スポットにもなっている。宮島峡がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富山県小矢部市の関連情報