コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富山県魚津市 うおづ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕魚津〈市〉(うおづ〈し〉)


富山県北東部の市。
富山湾に面する。戦国時代からの城下町で、近世には漁港・商業町として発展した。1918年(大正7)に起こった米騒動発祥地。江戸時代から富山湾の定置網漁業が盛ん。第二次世界大戦後は北洋漁業の基地としても繁栄した。電機・機械・金属などの工場がある。魚津海岸にある約2000年前の化石林である魚津埋没林とホタルイカ群遊海面は、ともに国の特別天然記念物に指定されている。4月から5月にかけて見られる蜃気楼(しんきろう)現象が有名。魚津水族館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

富山県魚津市の関連キーワード富山県魚津市魚津田地方村富山県魚津市本江新町富山県魚津市石垣新村富山県魚津市六郎丸村富山県魚津市村木町富山県魚津市弥源寺富山県魚津市六郎丸富山県魚津市相木新富山県魚津市石垣新富山県魚津市石垣村富山県魚津市浜経田富山県魚津市八幡町富山県魚津市西尾崎富山県魚津市並木町富山県魚津市長引野富山県魚津市本新町富山県魚津市文化町富山県魚津市平伝寺富山県魚津市古鹿熊富山県魚津市青島

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富山県魚津市の関連情報