コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富岡高校川内校をめぐる動き

1件 の用語解説(富岡高校川内校をめぐる動きの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

富岡高校川内校をめぐる動き

51年に県立浪江高校の分校の分室として設立。65年に県立富岡高川内分校となり、今年4月から現名称。普通科のみで1学年の定員は40人だが、在校生は現在25人。県教委は99年の「県立高校改革計画第2次まとめ」に基づき、通学可能な高校があるなどとして募集停止方針を示した。実施されれば初。通学可能な高校は浪江とされる。

(2008-08-30 朝日新聞 朝刊 福島全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富岡高校川内校をめぐる動きの関連キーワード郷校分校分室県内の養蚕教育県立高校再編高校の単位制度分校の存続条件六本松キャンパス県立高校の共学化県立高校の学区廃止

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone