コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富嶽三十六景・富岳三十六景 ふがくさんじゅうろっけい

大辞林 第三版の解説

ふがくさんじゅうろっけい【富嶽三十六景・富岳三十六景】

錦絵。葛飾北斎作。全四六枚。天保(1830~1844)初年に刊行。富士を題材に庶民の生活・風俗を活写、和漢洋の技法を用い浮世絵に風景画の新分野を開いた。なかでも「凱風快晴(赤富士)」「神奈川沖浪裏」「山下白雨」は有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

富嶽三十六景・富岳三十六景の関連キーワード和漢洋風景画浮世絵赤富士天保初年錦絵活写

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android