コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富本豊前(初代) とみもと ぶぜん

1件 の用語解説(富本豊前(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富本豊前(初代) とみもと-ぶぜん

1857-1933 明治-昭和時代前期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
安政4年1月11日生まれ。富本節の4代富本豊前太夫に入門。名見崎の門に転じて得梅,7代豊前太夫のもとで豊鶴(とよつる)を名のる。明治42年新派をたて初代富本都路(みやこじ),大正9年新派富本節の初代富本豊前を称した。富本節家元では8代にあたる。昭和8年8月3日死去。77歳。江戸出身。本名は坂(阪)田らく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富本豊前(初代)の関連キーワード晩年伊豆の踊子丹下左膳接触変成作用輝岩歌沢寅右衛門歌沢笹丸うた沢哥沢芝金片岡仁左衛門

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone