コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富本豊前太夫(初代) とみもと ぶぜんだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富本豊前太夫(初代) とみもと-ぶぜんだゆう

1716-1764 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
享保(きょうほう)元年生まれ。宮古路豊後掾(ぶんごのじょう)の門人で宮古路品太夫,ついで常磐津(ときわず)小文字太夫(初代)を名のる。寛延元年富本豊志(とよし)太夫と改名して,富本節をおこす。翌年受領して富本豊前掾(初代)となり,江戸三座に出演。宝暦10年筑前掾(ちくぜんのじょう)。子が2代豊前太夫を称したため,豊前太夫の初代とされる。明和元年10月22日死去。49歳。本名は福田弾司(だんじ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

富本豊前太夫(初代)の関連キーワードボルテールザモイスキ江戸褄享保徳川吉宗享保の改革レザノフ鈴木源之丞鈴木春信レザーノフ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android