富永 恭次(読み)トミナガ キョウジ

20世紀日本人名事典の解説

富永 恭次
トミナガ キョウジ

大正・昭和期の陸軍中将



生年
明治25(1892)年1月2日

没年
昭和35(1960)年1月14日

出身地
長崎県

学歴〔年〕
陸士〔大正2年〕卒,陸大〔大正12年〕卒

経歴
歩兵第23連隊付、参謀本部付を経て、大正14年関東軍司令部付で満州里に駐在。昭和2年参謀本部員、3年ソ連大使館付武官補佐官、5年参謀本部に戻り、軍内革新グループ「一夕会」に参加。12年関東軍参謀、14年参謀本部第4部長、第1部長となる。日中戦争拡大派で、15年北部仏印進駐強硬論を唱え、海軍と対立。16年人事局長、中将。太平洋戦争開戦後、東条英機首相の陸軍次官。19年第4航空軍司令官となり特攻作戦を計画したが、米軍フィリピン上陸を前に自分だけ逃げ出して批判され20年5月予備役に。同7月召集され、満州の第139師団長で敗戦、シベリア抑留となり、30年4月帰国。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android