富田 久三郎(読み)トミタ キュウザブロウ

20世紀日本人名事典の解説

富田 久三郎
トミタ キュウザブロウ

明治〜昭和期の化学者,実業家 富田海産塩類製造所社主。



生年
嘉永5年2月22日(1852年)

没年
昭和12(1937)年12月31日

出生地
遠江国市野村(静岡県)

経歴
三河国田原藩の鉄砲火術家であった祖父保五郎から化学や蘭学・冶金・製薬法を学ぶ。明治5年製塩の残液である苦汁から炭酸マグネシウムを抽出するのに成功し、その製造・販売を開始、さらに23年塩化カリウムの製法を開発した。のち徳島県に移り、26年板野郡瀬戸村(現・鳴門市)に富田海産塩類製造所(のちの富田製薬)を設立。その後も苦汁からマグネシウム塩や臭素化合物など、さまざまな薬品を取り出し、製品化した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android