コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富籤・富籖 とみくじ

大辞林 第三版の解説

とみくじ【富籤・富籖】

江戸時代に流行した賭博興行。興行主が富札を発行し、それと同数の番号札を富箱に入れ、錐きりで突き刺したものを当たり番号として賞金を出した。寺社の修理料の不足を補うため幕府から公認され、江戸では、谷中やなか感応寺・目黒不動・湯島天神のものが有名。天保の改革で禁止された。富突き。福富。万人講。富。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

富籤・富籖の関連キーワード湯島天神富突き番号札富札

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android