コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒冷アレルギー かんれいあれるぎーcold allergy

知恵蔵miniの解説

寒冷アレルギー

体温より低いものに接することで起こるアレルギーの一種。冷気のほか、氷や雨、アイスクリームなど、冷たいものはすべて寒冷アレルギーを引き起こす原因となり得る。症状としては、皮膚が赤くなり鳥肌に似た腫れとかゆみが起こるじんましんが多く、この「寒冷じんましん」は同アレルギーによる疾患と位置づけられる。他に、鼻や喉などの調子が悪くなることもあり、ごく稀に、血圧低下・呼吸困難などを伴うアナフィラキシー症状を起こし死亡することもある。治療には、抗ヒスタミン剤内服や注射などの対症療法があるのみで、まずは冷たいものになるべく触れないことが重要となる。

(2014-6-23)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android