寒川 光太郎(読み)サムカワ コウタロウ

20世紀日本人名事典の解説

寒川 光太郎
サムカワ コウタロウ

昭和期の小説家



生年
明治41(1908)年1月1日

没年
昭和52(1977)年1月25日

出生地
北海道羽幌町

本名
菅原 憲光

学歴〔年〕
法政大学〔昭和4年〕中退

主な受賞名〔年〕
芥川賞(第10回)〔昭和14年〕「密猟者

経歴
樺太と満州で新聞記者、東京で喫茶店経営などしたのち、父の勤める樺太庁博物館館員となる。昭和12年上京、創作にはげみ、14年「密猟者」によって芥川賞を受賞して作家活動に入る。「海峡」「草人」「北風ぞ吹かん」をあいついで刊行。太平洋戦争中は海軍報道班員として2度、南方に従軍。その頃の著書に、紀行文集「薫風の島々」などがある。19年、フィリピンで米軍の捕虜となり、22年に帰国。その後は、大衆小説に転じ、「吹雪と原始林」「蝦夷太平記」「荒野の剣士」などを発表。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

寒川 光太郎 (さむかわ こうたろう)

生年月日:1908年1月1日
昭和時代の小説家
1977年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android