コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寝台急行銀河

1件 の用語解説(寝台急行銀河の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

寝台急行銀河

1949(昭和24)年、東京―大阪間の夜行急行として誕生。68年に寝台急行となった。現在は東京を午後11時、大阪を午後10時22分にたち、約8時間20分をかけて区間を結ぶ。個室はなく、すべて2段ベッド。近年の客車は通常6両編成だったが、昨年12月の廃止発表前からA寝台1両(定員28人)とB寝台7両(同234人)の計8両に増やした。食堂車や車内販売はない。

(2008-03-06 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寝台急行銀河の関連キーワード大阪市立大学大阪大学大阪外国語大学大阪女子大学超伝導リニアモーターカー中央新幹線計画列車愛称のさくら須田一政細川泉一郎三宅正太郎(1)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone