コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寰海宗唆

美術人名辞典の解説

寰海宗唆

江戸後期の臨済宗の僧。大徳寺四百十五世。自号は一瓢子・随縁道人。諱は宗唆。敕謚は円応妙運禅師。三百八十四世粛巌宗敬の法を嗣ぎ、孤篷庵を復旧する。其後、崇福寺八十八世、孤篷庵七世として開堂、東海寺の輪番も務めた。孤篷庵に帰した後、不昧居士牌堂茶室の建立、禅徳菴を改め、大円菴を興す。文化14年(1817)寂、66才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android