寺内 寿一(読み)テラウチ ヒサイチ

20世紀日本人名事典の解説

寺内 寿一
テラウチ ヒサイチ

大正・昭和期の陸軍元帥,伯爵 陸相。



生年
明治12(1879)年8月8日

没年
昭和21(1946)年6月12日

出生地
東京

出身地
山口県

学歴〔年〕
陸士(11期)〔明治32年〕,陸大〔明治42年〕卒

経歴
オーストリア、ドイツに駐在後、大正8年伯爵。11年近衛師団長、昭和2年朝鮮軍参謀長、5年第5師団長、9年台湾軍司令官などを歴任し、10年大将・軍事参議官に昇進。11年広田内閣の陸相に就任。12年衆議院で軍部独裁化を非難した浜田国松代議士と“腹切り問答”を展開、同年内閣総辞職。7月勃発した日中戦争の全面化に伴い、北支那方面軍司令官となり、13年軍事参事官。16年太平洋戦争開戦後は南方軍総司令官として南方作戦全体を指揮、インパール作戦などを強行した。18年元帥となる。敗戦後シンガポールに抑留され、そのまま死去した。「元帥寺内寿一」(寺内寿一刊行会)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

寺内 寿一
テラウチ ヒサイチ


肩書
陸相

生年月日
明治12年8月8日

出生地
東京

出身地
山口県

学歴
陸士(11期)〔明治32年〕 陸大〔明治42年〕卒

経歴
オーストリア、ドイツに駐在後、大正8年伯爵。11年近衛師団長、昭和2年朝鮮軍参謀長、5年第5師団長、9年台湾軍司令官などを歴任し、10年大将・軍事参議官に昇進。11年広田内閣の陸相に就任。12年衆議院で軍部独裁化を非難した浜田国松代議士と“腹切り問答”を展開、同年内閣総辞職。7月勃発した日中戦争の全面化に伴い、北支那方面軍司令官となり、13年軍事参事官。16年太平洋戦争開戦後は南方軍総司令官として南方作戦全体を指揮、インパール作戦などを強行した。18年元帥となる。敗戦後シンガポールに抑留され、そのまま死去した。「元帥寺内寿一」(寺内寿一刊行会)がある。

没年月日
昭和21年6月12日

家族
父=寺内 正毅(陸軍元帥・首相)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

寺内 寿一 (てらうち ひさいち)

生年月日:1879年8月8日
大正時代;昭和時代の陸軍軍人
1946年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寺内 寿一の関連情報