コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺山吾髪 てらやま あずら

1件 の用語解説(寺山吾髪の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

寺山吾髪

歌人・美野高須藩士のち尾張藩士。通称房之丞・房蔵・虎(寅)助・兵右衛門、号は秋舎・占秋。美濃生、江戸住。歌を小林歌城に学び、また書を能くした。その作歌は『鴨川集』『武蔵野集』等に収録されている。著書に『吾髪日抄』がある。明治2年(1869)歿、82才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寺山吾髪の関連キーワード市岡和雄植松有園丹羽花南丹羽玉邦林正幹荻原巌雄市岡みち子藩士清水将作原田数子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone