コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺島 宗則 テラジマ ムネノリ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

寺島 宗則
テラジマ ムネノリ


肩書
外務卿,枢密院副議長

別名
幼名=徳太郎 別名=松木弘安 出水泉蔵 松木弘庵 前名=寺島 陶蔵

生年月日
天保3年5月23日(1832年)

出生地
薩摩国知泉郷(鹿児島県)

経歴
天保7(1836)年、伯父・松木宗保の養子となり、弘化2(1845)年松木家を継いで弘安と名乗る。翌年藩命を受けて江戸で医学を学ぶ。万延元(1860)年幕府の蕃書調所教授となり、文久2(1862)年福沢論吉らと遣欧使節に随行して渡英、2年間ロンドンに滞在。帰国したが攘夷党の勢力が強く藩に帰れず、松木弘庵と変称して幕府に仕え、開城所教授を務めた。慶応2年から寺島姓に改名、当初陶蔵と称した。明治元年新政府の参与外国事務掛を命ぜられ同年日西・日独通商条約調印の全権に参加。神奈川県知事を経て2年外務大輔。5年駐英大弁務使となった。次いで特命全権公使、6〜12年外務卿、文部卿、法制局長、元老院議長を経て15年アメリカ駐在公使。17年宮内省出仕に補せられ、伯爵となった。18年宮中顧問官、19年枢密顧問官、さらに24年枢密院副議長を歴任。一方、幕府蕃書調所在職中、島津斉彬に従って電信の実用化と実験に従事、2度の渡欧で電信の効用をつぶさに体験、この道の先達となった。神奈川県知事時代の明治2年京浜間に最初の電信事業を開業させた。また安政6年以来、横浜、神戸、長崎にあった英米仏各国の郵便局を明治8〜13年にかけ次々撤去させ郵便行政権を確保、植民地化の魔手を切除した。この間、わが国を万国郵便連合や万国電信連合に加盟させるなど、電信・郵政事業に並々ならぬ力量を発揮、“電信の父”といわれた。

没年月日
明治26年6月6日

家族
父=長野 成宗(=祐照 薩摩藩士) 養父=松木 宗保 長男=寺島 誠一郎(貴院議員)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

寺島 宗則の関連キーワードパークス(Sir Harry Smith Parkes)樺太・千島交換条約樺太=千島交換条約スチーブンス鹿児島紡績所デ=ロング寺島誠一郎新納中三条約改正石井謙道鮫島尚信福沢諭吉副島種臣寺島宗則五代友厚何如璋沢宣嘉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android