コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対中ODA(政府の途上国援助)

1件 の用語解説(対中ODA(政府の途上国援助)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

対中ODA(政府の途上国援助)

日中平和友好条約を結んだ翌1979年に開始。これまでに円借款3兆2079億円▽無償資金1472億円▽技術協力1505億円の合計3兆5千億円余りを供与した。89年の天安門事件後、制裁を続ける他国に先駆けて、日本は援助を再開した。長く最大の援助をしてきた。円借款は主に道路、空港、港湾や発電所など社会基盤整備に使われてきたが、北京五輪の08年に新規供与を終えた。背景には、中国の経済成長日本の財政難に加えて、中国の軍事費の増大や援助を受けながら他国へ援助をしていることなどに対する日本側の強い反発もあった。円借款以外の援助は続ける方向。

(2010-01-04 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

対中ODA(政府の途上国援助)の関連キーワード対日講和条約日清修好条規日中平和友好条約福田赳夫不平等条約平和条約日中共同宣言日朝修好条規園田直中江要介

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone