コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対潜ヘリコプタ たいせんヘリコプタantisubmarine helicopter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対潜ヘリコプタ
たいせんヘリコプタ
antisubmarine helicopter

対潜水艦戦用として,探索,攻撃などを任務とするヘリコプタホバリング (空中停止飛行) ができるので,吊り下げ式の音響探知機 (ソーナー ) を使用して敵潜水艦を探索し,攻撃する。小型の艦船や島嶼基地など狭い場所でも発着可能で,対潜水艦作戦に欠くことのできない有力な手段となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

対潜ヘリコプタの関連情報