対馬丸

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

対馬丸

1944年8月21日、沖縄から本土に疎開する学童ら1788人を乗せて那覇港を出発。22日午後10時すぎ、鹿児島県トカラ列島の悪石島付近で、米潜水艦の魚雷で沈められた。対馬丸記念会によると、学童780人を含む1485人が死亡。軍や警察は撃沈を伏せたが、生還者がしだいに体験を語り始めた。97年に遺族らの要望を受けて政府船体の捜索を決定。水深870メートルの海底で「對馬丸」と記された船体がみつかったが、腐食が激しく政府は引き揚げを断念した。

(2014-08-22 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対馬丸の関連情報