コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対馬浅茅湾海域公園地区 つしまあそうわんかいいきこうえんちく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対馬浅茅湾海域公園地区
つしまあそうわんかいいきこうえんちく

長崎県北西端対馬市壱岐対馬国定公園の海域。1978年対馬浅茅湾海中公園地区として指定。2009年法改正により,現名称に変更。面積約 0.1km2。沈降による溺れ谷地形の浅茅湾の海底は起伏の多い岩盤が広がる。ミルの団塊状群落とエダミドリイシや塊状サンゴ群体が特徴。またサンゴ,イソギンチャクの大群落も見られる。ソラスズメダイ,ベラ(→ベラ科),シログチキビナゴなどの魚類も多い。(→海域公園地区

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android