コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対馬舟状海盆 つしましゅうじょうかいぼん

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕対馬舟状海盆(つしましゅうじょうかいぼん)


長崎県対馬とチョソン半島(朝鮮(ちょうせん)半島)南東岸の間の西水道(にしすいどう)(朝鮮海峡)にある細長い海盆。北東~南西方向に長さ約130km、幅約15km。水深150~200m。ビュルム氷期(1万~7万年前)は陸地で、構造線に沿う浸食谷の名残とされる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android