コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対馬舟状海盆 つしましゅうじょうかいぼん

1件 の用語解説(対馬舟状海盆の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕対馬舟状海盆(つしましゅうじょうかいぼん)


長崎県対馬とチョソン半島(朝鮮(ちょうせん)半島)南東岸の間の西水道(にしすいどう)(朝鮮海峡)にある細長い海盆。北東~南西方向に長さ約130km、幅約15km。水深150~200m。ビュルム氷期(1万~7万年前)は陸地で、構造線に沿う浸食谷の名残とされる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone