コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿司そっくす すしそっくす Sushi socks

1件 の用語解説(寿司そっくすの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

寿司そっくす

靴下メーカーの助野株式会社(富山県)が開発・発売しているソックス。くるくると丸め込む大きめのにぎり寿司そっくりになる。白い生地部分をシャリに見立て、ノリやネタの部分は印刷ではなく柄を編み上げることで写実的に仕上がっている。種類は、マグロサーモン・エビ・タコ・イクラ・玉子と富山名物のます寿しの7種。2014年2月に東京で開かれた国際見本市「東京インターナショナルギフトショー」で初出展、高評価となり、4月末頃には店頭販売を開始した。1足500円(税抜き)で、14年7月現在、土産物店・すし店・旅館など全国約50カ所で販売中。同年9月初めの「東京インターナショナル・ギフト・ショー」でも再出展を予定している。

(2014-8-19)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寿司そっくすの関連キーワード岡本メーカー品ソリッドマーカーマルチプルマーカーCKサンエツショウワノートニッキーフジノン佐野ダイトディール・メーカー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone