コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

射下 しゃか

大辞林 第三版の解説

しゃか【射下】

( 名 ) スル
光などがさしこむこと。 「日中鉄窓より日光を-すれども、之を避くるの場処なく/雪中梅 鉄腸

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

射下の関連キーワードオット・ロバート フリッシュシアン化カリウムアキレス腱紫外線写真アルカントルエンアルケン不斉合成ヒル反応石落しCT鉄腸

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android