コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

将来の損害分

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

将来の損害分

損害賠償は本来、すでに生じた損害を金銭によって補填(ほてん)する役割を持つ。民事訴訟では、口頭弁論が終結した時点(結審した時点)を基準とし、それ以前の損害分について賠償責任を負わせる考えが判例で定着している。将来分については、金額をあらかじめ明確に認定できないことや、新たに賠償を請求できることなどから認めない。これに対し、違法状態が続くことが明らかな場合、過去の損害額を基礎として、結審以降の将来分についても適当な期間を定めて認めるべきだとの意見もある。

(2007-05-29 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

将来の損害分の関連キーワード損害賠償

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android