コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊ぶ・貴ぶ たっとぶ

大辞林 第三版の解説

たっとぶ【尊ぶ・貴ぶ】

( 動五[四] )
〔「たふとぶ」の促音化。中世以降の語。「たっとむ」とも〕
あがめうやまう。尊敬する。とうとぶ。 「神仏を-・ぶ」
大事なものとして重んずる。大事にする。 「自立の精神を-・ぶべきだ」
[可能] たっとべる

とうとぶ【尊ぶ・貴ぶ】

〔形容詞「たふとし」の動詞形〕
( 動五[四] )
敬って大切にする。あがめる。たっとぶ。 「神仏を-・ぶ」 「念仏を唱へて-・ぶ事限り無し/今昔 20
( 動上二 )
に同じ。 「目をいやしみ、耳を-・ぶるあまり/新古今 仮名序」 〔上代は上二段活用。四段活用は平安以降〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

尊ぶ・貴ぶの関連キーワード自立

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android