尊任上人(読み)そんにんしょうにん

美術人名辞典の解説

尊任上人

江戸前期の時宗の僧。時宗遊行四十二世。相模清浄光寺第十九代住持。佐渡宿根木生。号は南門他阿弥陀仏俗姓は佐藤。佐渡大願寺の見林に学び、遊行上人を相続する。日本国中を巡錫し、宮中に参内して南朝門流を主張、南方門主と称し大僧正を賜る。和歌俳諧を能くした。元禄4年(1691)寂、67才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android