コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊性法親王(2) そんしょうほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊性法親王(2) そんしょうほうしんのう

1602-1651 江戸時代前期,後陽成(ごようぜい)天皇の第5皇子。
慶長7年10月8日生まれ。母は日野輝子。慶長12年京都の嵯峨大覚寺にはいり,18年親王となる。翌年同寺の空性(くうしょう)法親王にしたがい得度(とくど)。のち東寺長者となった。慶安4年3月22日死去。50歳。俗名は毎敦(としあつ)。幼称は五宮。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尊性法親王(2)の関連キーワードコルネイユ(Pierre Corneille)本願寺徳川家光由井正雪・由比正雪徳川家光キョセム・スルタンケンペルハミルトン堀田正盛丸橋忠弥

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone