コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊意僧正 そんいそうじょう

美術人名辞典の解説

尊意僧正

平安中期の天台宗の僧・天台座主十三世。京都生。俗姓は丹生真人、通称は梨本祖師、号を法性房。山城高山寺の賢一のもとで修行し、比叡山に登って僧全に師事し得度、その後円珍に受戒し、天台座主となる。平将門の乱の鎮圧中宮の安産、また請雨などに法を修し霊験があったという。寂後僧正を贈られる。天慶3年(940)寂、84才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尊意僧正の関連情報