導・標(読み)しるべ

大辞林 第三版の解説

しるべ【導・標】

〔「知る辺」の意〕
道の案内をすること。また、その人。 「道-」 「歌妓ねこは箱持はこやの-に属つき/安愚楽鍋 魯文
助け導くこと。手引き。案内。 「 -する物の音につけてなむ、思ひ出でらるべかりける/源氏 橋姫

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android