小さび病(オーチャードグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

小さび病(オーチャードグラス)

さび病の一つだが、発生はさほど多くない。葉、葉鞘および稈の表面に赤褐色、楕円形の腫れ物状の病斑を形成する。病斑は成熟すると表面が破れて夏胞子を飛散させる。冬胞子堆は葉では裏に生じることが多く、紫褐色、短線状の膨らみとなる。病原菌の中間宿主は不明である。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android