コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小万/源五兵衛 おまん/げんごべえ

1件 の用語解説(小万/源五兵衛の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

小万/源五兵衛

浄瑠璃,歌舞伎などの登場人物。寛文期(1661~73)ごろ薩摩(鹿児島県)で起きたといわれる心中事件と,元文2(1737)年7月大坂曾根崎新地の色茶屋で,薩摩の侍早田八右衛門が湯女菊野をはじめ店の主人夫婦や下女ら合計5人を殺した殺人事件に取材する。芝居では寛政6(1794)年2月大坂中の芝居初演「五大力恋緘」(初代並木五瓶作)が有名である。このとき女性の名は菊野であったが,翌年江戸上演の際小万に変えられた。薩摩の侍源五兵衛はひょんなことから深川芸者の小万と恋仲になるが,訳あって,小万が偽りの愛想づかしをいうと,そうとは知らず,かっとなって殺してしまう。<参考文献>横山正『近世演劇論叢』

(武藤純子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小万/源五兵衛の関連キーワード歌舞伎浄瑠璃助六平良門責場お染・久松お夏・清十郎小糸・佐七小稲・半兵衛清玄・桜姫袖萩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone