小人瘤牛(読み)こびとこぶうし

大辞林 第三版の解説

こびとこぶうし【小人瘤牛】

ウシ目ウシ科に属するコブウシの小型品種。セイロン島だけに分布する。体は小さく、肩には脂肪のたまったこぶがあり、胸には肉だれがある。耐暑性や対病性を持ち、荷役などによく使われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android