コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小侍従(1) こじじゅう

1件 の用語解説(小侍従(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小侍従(1) こじじゅう

?-? 平安後期-鎌倉時代の歌人。
近衛(このえ)天皇の皇后藤原多子(たし),のち高倉天皇につかえる。徳大寺実定(さねさだ)らとしたしく,源頼政との恋愛歌で知られる。治承(じしょう)3年(1179)出家。家集「小侍従集」があるほか,「千載(せんざい)和歌集」などの勅撰和歌集に54首収録されている。待宵(まつよいの)小侍従ともよばれる。
【格言など】待つ宵にふけ行く鐘のこゑきけばあかぬ別れの鳥は物かは(「新古今和歌集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小侍従(1)の関連キーワード井上宗雄賀茂重政惟宗俊海定兼宅磨為久藤原顕家(1)正恒(2)増田宗介頼円(2)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone