コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉熙季 おぐら ひろすえ

1件 の用語解説(小倉熙季の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小倉熙季

江戸中期の公卿。初名季慶、のち季通、一字名は斉。実起の次男、公連の弟、実躬の養嗣子。仕えて従二位権中納言に至る。享保5年(1720)歿、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小倉熙季の関連キーワード桑原長義庭田重孝梅渓英通徳大寺実維中山栄親梅溪英通大原栄敦三室戸資順西洞院時成梅渓季通

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone