小児救急

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小児救急

15歳未満の子どもが該当する。投薬程度の軽症(1舎、入院が必要な程度の重症(2舎、生命危険性や高度治療が必要な重篤症状(3舎にわかれる。1次は自治体医師会診療所、2次は救急告示病陰3次は救命救急センターのある病院で対応することが多い。

(2008-05-25 朝日新聞 朝刊 横浜 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小児救急の関連情報