小六 満佐(読み)コロク マサ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

小六 満佐
コロク マサ


職業
小唄名取

肩書
小唄小六流宗家,名古屋邦楽協会理事

出身地
愛知県 岡崎市

経歴
11歳の時上京、長唄の修業を始めた。関脇磐石と結婚、四児をもうけたが7年後に死別。戦後、岡崎に戻り、小唄の小六流を創設。昭和61年家元から宗家となった。この間、名古屋で料理店を10年間経営するなど波乱の人生。財界人の後援者も数多い。63年10月、80歳を祝う催しが名古屋・御園座で盛大に行われた。

没年月日
平成1年 9月9日 (1989年)

家族
長男=小六 英介(アナウンサー)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android