小国 英雄(読み)オグニ ヒデオ

20世紀日本人名事典の解説

小国 英雄
オグニ ヒデオ

昭和期の脚本家



生年
明治37(1904)年7月9日

没年
平成8(1996)年2月5日

出生地
青森県八戸市

学歴〔年〕
日本バプテスト神学校(現・関東学院大)卒

主な受賞名〔年〕
勲四等瑞宝章〔平成2年〕

経歴
青年期に“新しき村”に参加。「山繭」などの小説を執筆。昭和4年に日活太秦に入社、シナリオを書き始める。日活多摩川、東宝を経て、フリー。戦前は「エノケン法界坊」「エノケンの頑張り戦術」や伏水修監督「支那の夜」、マキノ正博監督「昨日消えた男」などのシナリオを手がけた。戦後は五所平之助監督「煙突の見える場所」をはじめ数多くの作品に参加、とくに黒沢明作品には「生きる」を始め、ほとんどに参加した。生涯、300本を越えるシナリオを残した。また、京都で小国シナリオ塾を開いて、後進のシナリオライター育成にも努めた。著書にシナリオ集「海賊船」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android