コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小堀政休 こぼり まさやす

美術人名辞典の解説

小堀政休

幕末・明治の茶人。父は政純。小堀遠州の次弟治左衛門正行の末裔。名は左近・大学。号に宗舟。兄の政恒の病死により、その養子となって家督を継ぐ。徳川家茂・慶喜に仕え、三千石を受けた。上野東照宮の堂守のかたわら、遠州流家元として茶道を教授。孤篷庵において、遠州二百五十年忌を催し、遠州流茶道保存会を設立。明治34年(1901)歿、62才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android