小堀 四郎(読み)コボリ シロウ

20世紀日本人名事典の解説

小堀 四郎
コボリ シロウ

昭和・平成期の洋画家



生年
明治35(1902)年

没年
平成10(1998)年8月9日

出生地
愛知県名古屋市中区

学歴〔年〕
東京美術学校西洋画科〔昭和2年〕卒

主な受賞名〔年〕
中村彝賞(第2回)〔平成3年〕

経歴
昭和3年からパリに5年間留学。帝展に2度入選。10年からは画壇を離れ、長野県・蓼科にこもり農耕生活に従事。57年半世紀ぶりに個展を開き話題となった。精神性の強い重厚な画風で“孤高の画家”と呼ばれた。代表作に「高原の夕陽」「無限静寂、信・望・愛」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android