コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小売りの輪

1件 の用語解説(小売りの輪の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小売りの輪

米国の経営学者マルカム・P・マクネアが提唱した小売り業態の発展を説明する理論。低コスト、低サービスの新規業者が低価格路線で参入し、既存業者の売り上げを奪って成長。同じ手法で低価格を実現した業者が執と登場すると、品ぞろえやサービスを巡る競争が発生し、高コスト体質になる。やがて、新たに低価格を実現した新規業者が市場を奪い、輪のように小売業の革新が進むとしている。

(2009-04-26 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小売りの輪の関連キーワードウェルカムアニマル経営学馬場敬治捏ね揚生くねくねし古林喜楽佐々木吉郎高宮晋平井泰太郎山城章

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone