コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小外刈り・小外刈・小外苅り・小外苅 こそとがり

大辞林 第三版の解説

こそとがり【小外刈り・小外刈・小外苅り・小外苅】

柔道の技の名。足で相手の股の外側から片足の踝くるぶしあたりを刈り上げて倒す足技。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小外刈り・小外刈・小外苅り・小外苅の関連キーワード外側柔道片足足技

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android