コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小学校の英語必修化

1件 の用語解説(小学校の英語必修化の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小学校の英語必修化

正式には「外国語活動」。教える言語は特定していないが、実際はほぼすべての学校で英語を教えている。授業は年35時間(週1コマ程度)。国語や算数のような「教科」ではなく、教科書のない「活動」という位置づけだ。中学校の文法などを前倒しするのではなく、言語や文化に対する理解を深め、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成をめざす。

(2012-04-11 朝日新聞 朝刊 長野全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小学校の英語必修化の関連キーワード自然言語対照言語学外語言語活動語学内言語ALT外国語外国語活動小学校での外国語活動

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小学校の英語必修化の関連情報