小宮山 天香(読み)コミヤマ テンコウ

20世紀日本人名事典の解説

小宮山 天香
コミヤマ テンコウ

明治〜昭和期の新聞記者,翻訳家,小説家



生年
安政2年4月11日(1855年)

没年
昭和5(1930)年3月20日

出生地
常陸国磯浜(現・水戸)

本名
小宮山 桂介(コミヤマ ケイスケ),小宮山 昌〓(コミヤマ マサヨシ),小宮山 昌由

経歴
新聞記者として「甲府観風新聞」をふり出しに「魁新聞」「大阪日報」などで健筆をふるう。明治20年「東京朝日新聞」の主筆としてむかえられ、「椿姫」「マダム・テレーズ」などの翻訳を発表し、政治小説、翻訳小説家として有名になった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android